▼舟囲いと箱入り娘

対振り飛車戦において、居飛車側がどのような囲いを採用するにしても、
まずは下の図の舟囲いにしてから駒組みを進める場合がほとんどです。

したがって、舟囲いは対振り飛車戦でもっともよくみられる居飛車の囲いとなっています。

舟囲いの状態から、6八銀とあがれば急戦になることがほとんどで、
7七角や6六歩などの場合には左美濃や穴熊などを目指した持久戦となります。



舟囲い
これが舟囲いという囲いで、対振り飛車戦における
居飛車の最もポピュラーな対抗策です。

舟囲いは横からの攻めには強いのですが、
8七の角頭の地点が弱いので、そこに気をつける必要があります。

箱入り娘
舟囲いから、6八金寄の一手が入った囲いのことを
箱入り娘と呼んでいます。
これは見てのとおり、玉が箱にすっぽり入っているように
見えることが由来になっています。

この囲いは、四間飛車に対して、
居飛車が4六銀右戦法を採用したときに見られる囲いです。
なぜ箱入り娘にするのかというと、6八に金が寄ることによって、
6九の金に玉以外のヒモがつくようになるからです。
(この効果がよくわからない人は囲い崩しのページをみてください)


[→Back]

トップページへ