▼金無双

相振り飛車では飛車のいる筋に玉がいるために、
普通の居飛車戦のように美濃囲いや銀冠などは指されず、
矢倉や、これから紹介する金無双という囲いがよく採用されます。

金無双というのは下図のような囲いで、一見すると銀が壁になっていて形が悪いのですが、
相振り飛車では2筋に飛車がいるために、この形で上部が手厚く、良い囲いとなっています。



金無双
この金が二枚並んだ囲いを金無双といいます。

この形は銀が壁となって玉の逃げ道を塞いでいるので、
相振り飛車でしか採用されない囲いです。

ただ、下からの攻撃に弱いため、一段目に飛車を下ろされると
壁銀がたたって、苦労することになるので、
飛車交換などには十分注意する必要があります。


[→Back]

トップページへ