▼仲原囲いと中住まい

この二つの囲いは、居飛車の横歩取りの戦型で定跡となっている囲いです。

下の図を見てみましょう。



先手の囲いが中住まいで、後手の囲いが仲原囲いと呼ばれています。

先手の中住まいは左右のバランスがよく取れていて、飛車の打ち込みに強い形になっているのですが、
玉頭やコビンを狙われると苦しいのが特徴です。

一方、後手の仲原囲いは横からの攻めにも縦からの攻めにも比較的強く、
また5二から6一への玉の逃げ道ができているのが特徴です。

なぜ横歩取りではこのような囲いになるのかを説明するのは
定跡をきちんと見ていかないとよく理解できないので、そこは自分で確かめてみてください(゚ー゚;A


[→Back]

トップページへ