▼美濃囲い崩し〜玉頭攻め応用編〜

玉頭攻めの基礎編ではごくごく簡単な形を見てきましたので、この応用編ではもう少し複雑な形を考えてみたいと思います。

ここでは、実戦で実際に出てきそうなものが多くあるので、参考になると思います。


■8三の地点をどのように攻めるか

基礎編では単純な数の攻めを見ましたが、あんなに露骨に8三に駒を集中すれば
誰でも玉頭が狙われていることに気づいてしまいますね(゚ー゚;A

後手に受け駒がない場合はそれでいいのですが、そのような場合はたまにしかないので
もう少し違う玉頭攻めの例をみていきましょう。

これから見ていくのは、横から攻めている飛車や角と玉頭攻めの組み合わせの例です。



この局面では先手はどのように指せばよいでしょうか。
8三の地点を狙うのなら▲7五桂ですが、この場合は△5一歩と打たれて、
以下▲8三桂成△同銀▲同香成△同玉で後が続きません。

では玉頭から攻める手立てはないのかというと、そうではありません。
ここでは、
直接▲8三香成といくのが正解です。

これを△同銀は▲6一飛成で話になりませんから△同玉ですが、ここで▲7五桂と打てばよいのです。

この王手を
8四や7四に逃げると▲6一飛成!として、この飛車を△同銀と取るとなんと後手玉が詰んでしまいます

ですから、▲7五桂の王手には△8二玉ですが、以下▲8三銀△7一玉▲7二銀成△同玉▲8三桂成△6二玉と進めて
美濃囲いが崩壊し、もう少し駒が手に入ると詰んでしまうぐらい後手玉はかなり危険な格好になります。




では次に下の局面を見てみましょう。


ここで先手はどのように指せばよいのか考えてみましょう。

持ち駒が銀と桂なので横から攻めるのはちょっと時間がかかって無理そうです。
また、8筋に飛車がいますが、歩を一枚も持っていないので継ぎ歩から垂れ歩の攻めもできません。

そこで、ここでは
▲8四桂と打つのが厳しい一手になります。

歩の頭に桂馬を打つのは空間をあける手筋としてよく用いられますが、
この場合は後手に△8四歩と突かせれば▲8四歩の取り込みが相当厳しくなることを狙ったものです。
(こういう桂打ちは矢倉でよく見る手筋ですね =*^-^*=)

仮に△8四同歩と取れば、当然▲8四歩と取り込みます。
そこで△7一桂と受けても露骨に▲8三銀と打ち込んで、以下
△同銀は▲6一飛成だし、
△同桂も▲同歩成△同銀▲6一飛成、
残るは△9三玉ですが、
▲7二銀成△同金に▲7一飛成として、これを△同金は▲8三歩成の詰みです。

というわけで、▲8四桂を後手は取ることができませんが、
これを放置したらもちろん次に▲7二桂成で美濃囲いを崩して寄せやすくなりますので、
▲8四桂の一手によって美濃囲いが玉頭からつぶれていってしまうのがよくわかったと思います。


以上見てきたように、
玉頭攻めは単独で8三の地点を狙うのではなく、
横から飛車(場合によっては角)と協力しながら8三の地点を狙っていくときに最大の効果を発揮
しますので、
単純な数の攻めができないときは、ここの例のように横からの攻めと併せて玉頭を攻めていくとよいと思います。


■高美濃囲いを玉頭攻めで崩す

応用編の最後として、高美濃囲いを玉頭と横から攻めて崩す例をひとつ紹介したいと思います。

次の図では、玉頭から攻めるといったら一手しかないので簡単だと思うのですが(笑)
その後の展開を考えてみてください。


玉頭から攻めるとしたら▲8三香しかありませんね。

これを△同銀は▲6一飛成ですし、△7一玉は▲8一飛でほとんどつぶれ、
9二や9三に逃げたら▲6一飛成として△同銀に▲8一飛でこれもつぶれています。

ですから△8三同玉と取りますが、それでも▲6一飛成と切って、
以下△同銀に▲8一飛と打てば後手玉はほとんど寄っています。

例題で出されれば▲8三香というのを考えますが、実戦でこれを考えられるかどうかが問題です。

実際、このような局面だったら▲3二飛と打って、△6二金引くに▲6三香と打つ人がほとんどではないでしょうか。

▲8三香のような手を実戦で指せて快勝できたら、かなり気分爽快なんでしょうね =*^-^*=



以上が玉頭攻めの応用編でした。

玉頭攻めは玉頭だけを狙うのではなく、飛車や角で横からも狙いをつけながら攻めると効果的だということが
わかったと思いますので、ぜひ実戦でこれらのことを試してみてください。

次の「玉頭から詰める」では、玉頭攻めを使った詰め将棋を紹介していますので、
玉頭攻めの最後の仕上げとして活用してみてください。


[→Back]



トップページへ