▼美濃囲い崩し〜玉頭から詰める〜

玉頭攻めの
総仕上げとして、実践的な玉頭攻めの詰め将棋を解いてみましょう。

どのような形ならば玉頭から攻めて詰ますことができるのかを、
なんとなくの感覚でわかってもらえたらと思います。

直感で相手玉が詰みそうだということがわかったら、必ず終盤で相手に競り勝つことができますので、
ここの攻め筋をマスターして実戦でたくさん勝ってください!

なお、ここにある問題は詰め将棋のルール通りのものではなく、中には駒が余るものもあります。
また、実戦型ですので、答え以外にも玉の逃げる手順をたくさん考えて解くと効果が上がります。


■実践詰め将棋

まずは簡単な問題を2問解いてみましょう。
すぐ下に答えがあるので、きちんと解きたい人は画面をあまり下げずに考えてみてください。



第1問

第2問




第1問解答

▲8三桂成△7一玉▲8二成桂まで

8三の地点を攻めるのが玉頭攻めの基本ですが、ここでは二段目の飛車の応援があるために
銀を動かすことができず、いっそう玉頭攻めが厳しくなっています。

初手で▲8三香成は△7一玉に▲8二成香とできないために、失敗してしまいます。
細かいところですが注意しましょう。
香車の威力炸裂です(^^




第2問解答

▲8三桂左成△7一玉▲6三桂不成△同銀▲8二成桂まで

今度は2枚の桂馬で8三の地点を狙っています。

初手は当然8三に桂馬を成るしかありませんが、これは左の桂馬を成らないといけません。
玉を右方向に追うのですから、右にも利いている7五の桂馬を残すのが自然な手でしょう。

そして△7一玉となったところで▲6三桂不成がうまい手で、
銀を上ずらせて飛車の利きを8二まで通しての詰みになります。




次の2問は実戦でもよく現れそうな局面です。
ちょっと読んだぐらいでは後手玉は詰まなそうなのですが、きちんと詰みます。

実戦では見逃してしまいそうですから、ぜひこの2問を解いて、実戦で出たら即詰みに討ち取ってください!
また、私もそうなのですが、振り飛車党の方は意地でも受けてください(笑)




第3問

第4問


第3問解答

▲8三香成△同銀▲同角成△同玉▲7五桂△8四玉▲8五銀△同玉▲7七桂△7四玉▲8五金まで

8三の地点で清算してから▲7五桂が玉頭攻めの基本ですね。

しかしこの後の手が問題で、
うっかり▲8三金や▲8三銀などでは詰まなくなってしまいます

▲7五桂にたいしては、玉がどこに逃げても▲8五銀と打ちます。
そして玉を8五に呼び込んで▲7七桂が厳しい一着。

この一発で後手玉が詰んでしまうのですが、果たしてこの一連の手順が見えたでしょうか。

これで玉がどこに逃げても▲8五金までの詰みになります。

これは▲8五銀が見えないと開始局面で後手玉が詰まないと思ってしまいますから注意が必要です。




第4問解答

▲8三香成△同玉▲7五桂△7四玉▲6五銀△8五玉▲8六金△8四玉▲8三金△同銀▲同桂成△同玉
▲8四銀△同玉▲8二飛成△8三合駒▲7五金まで

これも8三に香を成り込んで▲7五桂といきます。

ここからの玉の逃げ方はたくさんあるのですが、一番長くなるのが△7四玉と逃げる順になります。

▲6五銀から▲8六金と玉を下に追って、▲8三金でもう一度8三の地点で清算してから、
▲8四銀と捨てて飛車で逃げ道を塞いで詰みになります。

したがって、▲7五桂に対して△8四玉と逃げるのは、すぐに8三の地点で駒をばらせば早く詰みますし、
▲7五桂を△9三玉も、8三の地点でばらしてから8四に捨て駒をして飛車を成れば早く詰みます。

ですから、
この問題で玉を詰ますポイントは▲8四銀と捨てて飛車を成ることです。

この捨て駒は飛車を成る手が見えやすいために第3問よりも簡単かもしれませんが、
手数が長いので難しかったと思います。





[→Back]



トップページへ