▼美濃囲い崩し〜コビンから詰める〜

コビン攻めの攻め手筋をある程度理解
したら、最後に仕上げとして
実践的なコビン攻めの詰め将棋を解いてみましょう。

例題の局面で当たり前のように正しい手が指せるようになったら、
実戦ではその局面を含みにして(見据えながら)将棋を指せるようになります。

つまり、中盤から終盤にかけて自分はミスをせず、相手よりもかなり読みが深くなるということです。

ここにある詰め将棋は基本的なものばかりですが、
ここの詰め将棋をあまり何も考えずにパッと見で相手玉が詰むということがわかるようになれば、言うことはありません。

そのような状態になれば、必ず終盤で相手に競り勝つことができますので、
コビン攻めをマスターして実戦でたくさん勝ってください!

なお、ここにある問題は詰め将棋のルール通りのものではなく、中には駒が余るものもあります。
また、実戦型ですので、答え以外にも玉の逃げる手順をたくさん考えて解くと効果が上がります。

■実戦詰め将棋

答えは下のほうにあります。


第1問  

第1問の類似型 

第1問の右側は類似型ですが、これは角の位置によって7六に歩がいなければならないのか、
いなくてもよいのかを確認してもらうためのものですので、最初はあまり気にせずに解いてみてください。




第2問  

第3問  

第2問は解答がたくさんあるので、いろいろ考えてみてください。

第3問もいろいろな逃げ方を考えると実戦に役立ちます。



第1問解答

▲7四桂△9二玉▲8二金△9三玉▲6六角△8四歩▲8五桂まで

2手目に△9三玉なら▲8五桂でどこに逃げても金うちで早く詰みますね。
角の位置によって7六に歩が必要かどうかも確認してみてください。



第2問解答
これは解答がたくさんありますので、いろんな詰み筋を確かめてみてください。
ここの詰み筋のうちのどれかが他の局面で役に立つことが実戦ではありますから、
面倒でしょうが並べてみるとかなり勉強になります。

▲7四桂△9二玉▲9三香△同玉▲8二銀△9二玉▲9一銀成△9三玉▲9二金△8四玉▲7五金まで(11手詰)

▲7四桂△9二玉▲9三金△同玉▲8二銀△9二玉▲9三香△同桂▲9一銀成△同玉▲8二金まで(11手詰)

▲7四桂△9二玉▲9三香△同玉▲6六角△8四香▲8二銀△9二玉▲9一銀成△同玉▲8二金まで(11手詰)

▲7四桂△9二玉▲9三香△同玉▲8二銀△9二玉▲9三金△同桂▲9一銀成△同玉▲8二金まで(11手詰)

▲7四桂△9二玉▲9三香△同玉▲8二銀△9二玉▲8一銀不成△同銀▲9三金△同玉▲8五桂△8四玉
▲7五金まで(13手詰)

▲7四桂△9二玉▲9三香△同玉▲8二銀△9二玉▲9一銀成△9三玉▲9二成銀△同玉▲8二金△9三玉
▲6六角△8四香▲9二金打まで(15手詰)



第3問解答
▲7四桂打△同歩▲同桂△9二玉▲9三銀△同玉▲8二角△9二玉▲9一角成△9三玉▲8二馬△8四玉▲7五金まで

今度は継ぎ桂を使ったパターンです。
継ぎ桂の場合は△7四同歩と取るために、後手玉に7三に逃げる余地を与えますので、
角を持っていないときや味方の応援が少ないときに△6四玉などと上部に逃げられないように
気をつけながら詰める必要があります。

この問題では、4手目に△7三玉と逃げると▲8二角で早く詰みますね。

(問題では香ではなくわざと銀にしましたが)
継ぎ桂のパターンのときは、先手の持ち駒が角金桂香のときに詰むことを覚えておくといいと思います。



■必至をかける

最後に、美濃囲いで必至をかける問題を一問考えてみましょう。


この形は5一にあると金で美濃囲いの金を追ったときによく出てきますが、
7一の金が8二にきいているので、この形ではすぐに詰みません。

しかし、詰まないからといって油断して▲7四桂を許すと後手はとんでもないことになってしまいます。

そのとんでもないことを実現する手順はいったいどんなものでしょうか。

解答をいいますと、
▲7四桂△9二玉▲8二金△同金▲7一銀
で、後手玉は必至になってしまいます。

このような形で必至をかけることも時々実戦で見かけますので
覚えておいて損はない筋だと思います。


[→Back]



トップページへ