▼美濃囲い崩し〜横攻め基礎編その2〜二段飛車の攻め

美濃囲いを横から崩す基本の続きです。

今までは美濃囲いの6一の金を上ずらせるか、あるいは7一への利きを増やしてから
▲7一角(銀)と打って美濃囲いを崩していきましたが、
この「基礎編その2」では、6一の金をタダで奪って美濃囲いを崩していく筋を紹介します。

片美濃囲いと高美濃囲いでは、玉の横は銀が一枚守っているだけでスースーしています。
そこに目をつけて、
二段目の飛車で玉を飛車の利きにいれておきながら横から攻めることが、
時にものすごい破壊力をみせますので、ここではそのことについて考えていきます。


■美濃囲いの金のタダ取りを狙う

基礎編のその1では一段目に飛車が打ち込んである形でしたが、
局面によっては二段目に飛車がいる場合もありますし、
二段目に飛車を打ち込んだり成り込んだりするほうが効果的な場合もあります。

二段目に飛車がいるということは、美濃囲いの玉と飛車の間には銀が一枚しかいないことになりますから、
7二にいる銀は動けなくなります。

そんな例を次の2つの局面でみてみましょう。


左の局面では次に▲6一飛成、右の局面では▲6一角成とすると、△同銀とすることができないために、
金のタダ取りになります。
(ただし、右の局面で後手の番ならば△7一金として、先手は次に攻める手がありません)

これは、飛車が玉をにらんでいるために銀が動けないからできる技で、
6一の金には銀のヒモが一見ついているようで、実は銀が動けないから浮いているのと変わらないのです。

同じ理由から、次の局面でも先手が優位に立てる手があります。


もうこれは簡単ですね。
そう、今度は6一の金ではなく6三の金を狙って▲6三飛成とできます。

今回も銀が動けないために、金のタダ取りになっています。
この例からもわかるとおり、二段飛車が玉をにらんでいる状態では、6一の金のみならず6三の金まで浮いている状態なのです。

コビン攻めでは角筋を生かしながら攻めましたが、
この二段飛車も飛車の横利きを最大限に生かしながら攻められることがわかったと思います。

大駒の威力というのは、使いようによっては本当にすばらしいものですね =*^-^*=



以上が横からの攻めで美濃囲いの金をタダ取りする基本的な手順です。

これらの順は一見すると飛車や角を捨てるように見えるので、この手を考えないかもしれませんが、
飛車と角を捨てるような手順を考えないようでは上達は望めません!

このような局面があったら迷わず飛車と角で6一の金を奪いにいきましょう。

また、これらの局面は単純すぎるために、相手もこの局面を見逃さないでしょうが、
何度も言っているように
これらの基本手筋を含みにしながら将棋を指せるようにするために、
まずはバカバカしいと思えるような簡単な局面を理解しておく必要がある
のです。


[→Back]



トップページへ