▼美濃囲い崩し〜横から詰める〜

横からの攻めの
最後の仕上げとして、実践的な横攻めの詰め将棋を解いてみましょう。

例題の局面で当たり前のように正しい手が指せるようになったら、
実戦ではその局面を含みにして(見据えながら)将棋を指せるようになります。

つまり、中盤から終盤にかけて自分はミスをせず、相手よりもかなり読みが深くなるということです。

ここにある詰め将棋は基本的なものから、かなり難しいものまであるのですが、
なんとなくの感覚で相手玉が詰むということがわかるようになれば十分だと思います。

そのような状態になれば、必ず終盤で相手に競り勝つことができますので、
ここの攻め筋をマスターして実戦でたくさん勝ってください!

なお、ここにある問題は詰め将棋のルール通りのものではなく、中には駒が余るものもあります。
また、実戦型ですので、答え以外にも玉の逃げる手順をたくさん考えて解くと効果が上がります。


■実践詰め将棋

まずは復習の意味も込めて、簡単なものから解きましょう。

すぐ下に答えがあるので、きちんと解きたい人は画面をあまり下げずに考えてみてください。



第1問

第2問




第1問解答

▲7一角打△9二玉▲9三香△同桂▲8二金まで

この
角打ちから玉の逃げ道を塞いで8二に金を打つ、という一連の流れが美濃囲いを詰ます基本であり、
実戦で一番良く出てくる詰め筋ではないでしょうか。

なお、2手目に△同金と取っても同じことになります。




第2問解答

▲7一角打△9二玉▲8二金△9三玉▲7二金△8四玉▲7五銀まで

第1問の形に似ていますが、先手の持ち駒に香車がありません。
ですから9三の地点をふさぐことができず、上部に玉を逃がしてしまうことになりますが
8六に歩があれば上部に逃がしても大丈夫なことを確認してください。

なお、後手が手数を長くして粘るためには6手目に△7一金としますが、▲7一同角成で結局同じになります。





次の2問も基本的ではありますが、この辺りからだんだん難しくなってきます。


飛車
第3問

第4問


第3問解答

▲7一角打△同金▲同角成△同玉▲6二金△8二玉▲7二金△9三玉▲8二銀△9二玉
▲9三金△同桂▲8九銀不成まで

▲7一角打つから入るのは前の2問と同じなのですが、飛車が2段目にいるために手順が少し長くなります。

この問題も詰まし方はいっぱいあるので、いろいろ研究してみてください。
実戦で必ず役に立ちます!




第4問解答

▲7一飛成△同玉▲9三角△同桂▲6二金△8二玉▲7二金△9二玉▲8二金まで

今度は6一の金が7一にいる場合の詰ませ方です。
(7一銀を同金とやったときにこのような局面になります)

普通に飛車切りから▲6二金とやるのは、玉に上部に逃げられたときに8六に歩がないために詰みません。
そこで3手目の
▲9三角が逃げ道をふさぐ捨て駒となって、これで後手玉が簡単に詰むようになります。




上の4問は基本的なものでしたが、ここからはかなり難しくなるので、
ここからの問題は並べて研究してみるだけでもよいと思います。
これを解けたら有段者です。


第5問

第6問


第5問解答

▲7一銀△同金▲同飛成△同玉▲5一飛△6一金▲6二金△同玉▲5三角△5一玉▲4二金まで

盤上には竜が一枚いるだけなのですが、持ち駒がこれだけ豊富だと美濃囲いを詰ますことができます。

ここでのポイントは5手目の▲5一飛と打つことで、これ以外の場所から打つと後手玉は詰みませんので注意してください。
そして、7手目で▲6二金と玉を危険地帯に呼び込むのが決め手で、▲5三角と大駒の威力によって後手玉が詰みます。

あとは他にも変化があるので、参考までに並べてみてください。

まず、1手目の▲7一銀を△同玉は、以下▲6二金△同玉▲4二飛△5三玉▲4四飛成△6二玉▲5三角までで、
この変化で▲4二飛を△7一玉と逃げるのは▲7一竜から簡単な詰みになります。

これは
4一に竜がいるから可能な詰め方で、ほかの場所にいたのでは詰みません
また、
竜が飛車になっているともっとたくさんの駒がなければ詰みません

それから、5手目の▲5一飛に対して、△6一銀とするのが一番長くなる手順ですが、
以下▲6二金△同玉▲5三角△7二玉▲6一飛成△8二玉▲7一角成△9二玉▲8一馬までになります。

これを初めて見てすぐに詰ますことは無理でしょうから、何回も盤に並べて確認するとよいと思います。




第6問解答

▲7一角△9二玉▲9三香△同桂▲7二飛成△同金▲8一銀△同玉▲8二銀△同金▲同角成△同玉
▲8一金△9二玉▲9一金△8二金▲8一飛成まで

これは手順が長いので難しかったと思いますがどうでしょうか。
私は将棋倶楽部24で初段ですが、完璧には解けませんでした(笑)

まず、▲7一角を△同玉は▲6一飛成として簡単に詰んでしまいます。

また、▲7一角を△同金も▲7一飛成として、以下△同玉▲6二金△8二玉▲7二金△9三玉▲8二銀△8四玉
▲8六香△8五合い駒▲7五銀までの詰みです。

ですから、▲7一角には逃げる一手なのですが、ここまでたどり着くのも大変ですね(゚ー゚;A

△9二玉と逃げたら、あとは▲9三香から逃げ道を塞いで、二枚飛車の威力を思う存分に発揮しているのがわかると思います。
最後は見事に尻金で詰んでいますね。

この局面はあまり出てこない局面なので、並べて参考にするだけでいいと思います。
というのも、
この局面では▲6一飛成がみえているので、後手が必ず何か受けるからです。
そのため、この状態で先手に手番が回ってくることはほとんどないと思います。




では、最後に高美濃囲いを詰まし方をみてみましょう。
左はそうでもないのですが、右側の問題はかなりの難問です。


第7問

第8問


第7問解答

▲8一金△9二玉▲9三香△同玉▲8二金△9二玉▲9一角成△9三玉▲8二角成

これは玉が上部に逃げられないようになっているので、わりと解きやすかったと思いますが、
今までと同じように▲7一角では、△同金▲同飛成△同玉となったときに、▲6二金と打てないため詰みません。




第8問解答

▲7一角△同金▲同飛成△同玉▲6一金△同玉▲5一金△7一玉▲7二飛成△同玉▲6一角△6二玉
▲5二金△7一玉▲7二銀以下、銀を成って詰み

今度は▲8一金ではなく、▲7一角から入ります。
5手目に▲6二金と打てないのは上と同じなのですが、角を持っていることを生かして
▲6一金から▲5一金の連続捨て駒がうまい手です。

▲6一金を△8一玉と逃げるのは▲7一金打つから簡単な詰みなので、▲6一金は△同玉の一手です。

▲5一金にたいして△同玉は、▲3三角と打って、以下△6一玉▲3一飛成△5二玉▲4二竜△6二玉▲5一竜までの詰みです。

この変化を見てもわかるとおり、これは飛車が3筋にいなければ詰まないことも確認してみてください。

これらの2つの局面も、▲6一飛成がみえているので、あまりこの局面に出くわすことはないと思いますが、
攻め筋は参考になると思うので、参考程度に並べてみるといいと思います。


[→Back]



トップページへ