▼玉を囲うという考え方
ルールを覚えて将棋を指せるようになったら、まず一番最初に知っておくべき考え方が
この「玉を囲う」という考え方です。

もしこの考え方を知らないで将棋を指していたなら、これで間違いなく勝率がアップするはずです。
それぐらい重要な考え方なので、ぜひともこのページを丁寧に読んでみてください。

まずは自分の玉を守る

将棋では、相手の玉を詰ますと勝ちだというルールでしたね。
しかし、それは反対にいうと、自分の玉を詰まされたら負けだということです。
つまり、相手の玉を詰まさないと勝てないのですが、
それ以前に自分が先に負けてしまっていては相手に勝つことはできないのです。
(あたりまえすぎて非常に申し訳ないのですが・・・)

そのため、負けないようにするためには、
まずは自分の玉を取られないように王様を守る必要があるのです。
これが、将棋が上達するための基本的な考え方で、将棋が強い人はみんなこれを実践しています。

守りが大事だなんてずいぶん弱気だなぁと思われる方がいるかもしれません。
ですが無理に攻めてもほとんど失敗してしまうのです。
あなたも無理やり攻めて、相手の駒を取るつもりが逆にぼろぼろ取られていった経験はありませんか?
私は無理攻めが大好きだったので、そんなことはしょっちゅうでした(笑)
(そして今でも無理攻めは好きなんですが・・・爆)

攻める前にまずは守る。
このことをきちんと覚えておいてください。

では、玉を守るということはわかったけど、いったいどうやって守ればいいのでしょうか?


玉を安全な場所に移動させる

玉を守るためには、玉を最初にいる位置から盤の端っこに移動させる必要があります。
なぜでしょう?

それは、最初に玉がいる位置では、
王様の上と左右の合計3方向から相手の駒が攻めてくる可能性があるのに対して、
盤の端なら左右どちらか一方と、上からの2方向からしか相手は攻めてこられないからです。

つまり、はじめに玉がいる位置で玉を守ろうと思ったら、守備駒を三方向に備えさせなくてはならず、
二方向からの攻撃に備えた場合よりも守備力が低くなってしまうのです。

将棋の格言にも
居玉(いぎょく)を避けよ
というのがあるぐらいです。
これは必ず王様を安全な場所に移動させなさいという意味です。
居玉というのは、最初に玉が居た場所から動いていない玉のことをいいます

ですから、まずは王様を安全な端っこに移動させる、ということを頭に入れておいてください。


玉を囲う

玉を端に移動させたら、次は玉のまわりに守備駒を配置させます。
こうすることで王様の安全度がぐっと上がります。
そりゃあそうですよね。
戦国時代と同じで、大将が一人で行動するなんていうのはきいたことありませんから(笑)

ではどんなふうに王様に守りをつけるのかといいますと、
これまた将棋の格言に
玉の守りは金銀3枚
というのがあります。

これはその名のとおり、金銀4枚のうち3枚で王様を守るのがいいですよ、
金銀3枚で玉を囲いなさい、ということです。

もちろん金銀3枚で囲わなければならないということはありませんし、
実際には別の玉の囲い方がありますが、
とりあえずは金銀3枚で囲うような方法がよいのだ、ということを知っておくだけでオーケーです。

玉の囲い方にはたくさんの方法があるので、ここでは特に具体的には触れませんが、
囲いのページに書いてあるので、そこを参考にしてみてください。




ここまでの話をきいて、玉を守ることの大切さ、玉をどんな感じで守ればいいのかについて
少しでもわかっていただけたでしょうか?

これは本当に重要な将棋の考え方なので、
ぜひとも自分の玉を大切にするということを覚えておいてください。

一応まとめておくと、
将棋で勝つために、まずは自分の玉を安全な場所に移動させて、金銀で囲う
ということです。

この、玉を大切にするという感覚を身に付けることができたら、
あなたは棋力向上への上昇気流に乗ったも同然です。

あとは実際に玉をどのように移動させて、どのように囲えばよいのかを学んでいくだけです。
(具体的には、今までに将棋を研究してきた人たちの成果(これを定跡といいます)を勉強していきます)

[→Back]
 
  トップページへ