▼詰めろについて

「詰めろ」という考え方は、将棋で勝つためにはとても重要な考え方です。

将棋の本などでも、頻繁に「詰めろ」という言葉が出てくると思いますので、
「詰めろ」の意味を知らない人はこのページを読んで、ぜひ「詰めろ」という考え方を理解してください。


■詰めろの意味

「詰めろ」というのは、
次に玉が詰んでしまう局面玉に詰みが発生する局面のことを言います。

例えば、先手玉は詰めろだ、と言った場合、
先手は相手の攻めを何とかして受けなければ、次の後手の番になったら詰まされてしまいます。
(もちろん、後手が正しい手順を踏めば、の話ですが・・・)

したがって、終盤に近づくにつれて、自分の玉に詰めろがかかるのかどうか気をつけなければなりません。

また、詰めろの状態で、なおかつ相手の攻めをどのように受けても、
次に詰んでしまう状態のことは特に「
必死」(あるいは必至)といっています。

それでは詰めろの例を少しみてみましょう。

まずは、居飛車と振り飛車の対局でよく出てきそうな場面です。
この図では、後手玉に詰めろがかかっているのがわかりますか?
ここからは、7一角と打って、どこに玉が逃げても金打ちで詰むためです。

次の例も、居飛車と振り飛車の対局でよく見かける局面です。
今度はどちらの玉に詰めろがかかっているか、わかりますか?

これは、後手が3六桂馬と打つと、先手玉がどこに逃げても2八金と打って詰むので、
今度は先手玉が詰めろになっています。

以上のように、この局面が詰めろだ、ということがわかれば、さまざまな対応ができるようになります。

自分の玉に詰めろがかかっているのなら、その詰めろが消えるような指し方をすればよいのだし、
そもそも局面を読んでいる段階で、自分の玉に詰めろがかからないような局面に誘導すればよいからです。

また、相手の玉に詰めろをかけるにはどのようにすればよいのかを考えることができるし、
相手が詰めろの状態で受けなかったら、そのまま相手玉を詰まして勝つことができます。

このように、詰めろという考え方を知るだけで、
自分を勝利に導くような将棋の考え方をすることができるようになります。

これからは、「詰めろ」について敏感になり、棋力を磨いていってください。


[→Back]
 
  トップページへ