その他の細かいルール
今までみてきた以外にも将棋には細かいルールがありますので、
あと少しだけ覚えてしまえば将棋のルールに関しては完璧になります。

ただ、ここに出てくるルールは実戦でやっていくうちにほとんど無意識のうちに理解できてしまうことなので、
持将棋以外の項目は軽く読み飛ばすだけで大丈夫だと思います。

それではひとつづつみていきましょう。


■駒の打てる場所、進める場所

駒を打つときにはルールがあって、それは
駒がその性質上、どこにも進めないマスにはその駒を打ってはならない
という決まりです。

が、これは要するに、
「歩と香車は一番奥に打ったらそれ以上進めないからダメですよ」
というのと
「桂馬を一番奥とその一段手前に打ったらそれ以上進めないからダメですよ」
ということなのです。

この考え方と同じで、盤上の歩と香車は一番奥に進んだら必ず成らなくてはいけません。
(もし成らなかったらそれ以上動けなくなってしまうから)
同様に、盤上の桂馬も一番奥とその一段手前に進んだら必ず成らなくてはいけません。

ちなみに、歩と香車と桂馬以外の駒は後ろに進めるので、このような制約はありません。

こんな感じで駒を打ったり成らなかったら
これは禁じ手で反則負けになってしまいます


■二歩の禁止

将棋のマスの縦の列(これを筋といいます)には、歩は1枚しかあってはいけません。
もし2枚目の歩を打ってしまったら、それを
「二歩」といい、反則負けになってしまいます。
ただし、歩が成ってと金になったときには、新たにその列に歩を打つことができます。

インターネットの将棋道場やパソコンのソフトでは、二枚目の歩を打とうとしても打てないようになってるので
とくに注意はいらないのですが、実際に将棋盤と駒を使ってやるときには注意しないと反則負けになってしまいます。

私は実際に何回も二歩をしたことがあって、そのたびに「ちょっとやり直し」と言ってました(笑)
また、インターネットで将棋をしているときに、2枚目の歩が打てなくて
「なんで打てないんだー!」
とずっと悩んで、あやうく時間切れで負けそうなときがありました(爆)

右はと金と歩だからよいのですが、
真ん中と左は二枚以上歩があるので反則です

■打ち歩詰めの禁止

駒台にある歩を打って玉を詰ましてしまうのは反則となります。

ここで注意してほしいのは、玉を詰ます途中に歩を打って王手をかけるのはいいのですが、
最後に詰むというときには歩を打って詰ましてはいけない、ということです。

また、盤上の歩を一マス進めて玉を詰ますのは
「打ち歩」ではなく、「突き歩」による詰みなのでオーケーです。


■千日手(せんにちて)

お互いに敵陣に手を出しようがなかったときなどに同じ手順を繰り返して、
その結果同じ局面が4回現れたらその指し手を千日手といいます。

そして、千日手が生じた将棋は
先手と後手を入れ替えて最初から指しなおすことになっています。



■連続王手の千日手の禁止

王手の連続で千日手を指すことは禁止されていて、
もしそうなってしまった場合は攻めている側が手を変えなければ
攻め手の反則負けとなります。



■持将棋(じしょうぎ)


図のように、玉が敵陣に入ることを「
入玉(にゅうぎょく)」と言って、
お互いの玉がともに入玉したときには決着がつく可能性が低いため、
駒を何点分もっているかによって勝敗が決まります。
そしてこのようになった将棋のことを持将棋といいます。



駒の点数の付け方は、玉は点数に数えず、飛車と角は5点で、
それ以外の駒は1枚1点になっています。
そして、お互いの駒の点数が何点かを計算して、
お互い24点以上を持っているときは引き分け、
どちらかが24点に満たないときは点数の大きいほうの勝ちとなります。

それでは例として、図の局面では先手と後手は何点ずつで、どちらが勝ちなのかを判定してみてください。

点数を数え終わりましたか?
答えは先手が22点、後手が32点なので、後手の勝ちということになります。
(数えるときのポイントは、まずは飛車角以外の小駒を数えてから、
大駒の5点を足していくとわかりやすいと思います。
また、先手と後手の点数は足して54点になるので、
合わなかったら計算間違いをしていることがわかります。)

このようにお互いの玉が入玉しそうなときには、もはや玉を詰ますのが目的ではなく、
駒をたくさん集めなければならないので、途中で戦略の変更が必要になります。

なお、どちらかの玉がまだ入玉していなくても、
「これはもう勝負がつきそうにないな」と対局者が判断した場合は、
対局者同士の話し合いによって柔軟に解決することもあります。


[→Back]
 
  トップページへ