▼頭金

「頭金」というのは、玉の頭にある金という意味で、
図のように、玉の目の前に金を打ったり動かしたりして詰ます金のことをいいます。


図は単純な詰みですが、これは誰にとっても一番わかりやすい詰みになっています。
ですから、頭金の詰みというのはよく出てくる手筋なのですが、
よく出てくるがゆえに、相手もこの筋は見逃しません。

したがって、
頭金を実現させるためには他の手筋と組み合わせるなど、すこし工夫が必要になってくる場合があります。
つまり、
頭金というのは当たり前で、それを考えながら相手玉を追い詰めていくということです。
(例えば、捨て駒をしたり、相手の守備駒をずらしたりすることによって頭金を実現させます)

それでは、頭金を実現させるためにどのようなことをすればよいのか、次の例で見てみましょう。




この例では、玉を右辺に逃さないために飛車を玉の腹に打ちます。
後手は取る一手ですが、そこで▲4二金の頭金が実現します。

このように、頭金で相手玉が詰むことがわかれば、飛車を捨てることも怖くありません。
この飛車捨てから金打ちという手筋はよく出てくる手筋ですので、
実戦でも飛車捨てから頭金を見逃さないで、勝率をアップさせてください!

[→Back]


トップページへ