▼ダンスの歩

ダンスの歩とは、すごい名前の手筋ですが、
これは歩を打ったり成り捨てたりすることによって、金が踊っているように見えることからついた名前です。

なぜ歩によって金が踊るような動きをするのかというと、それは
金が斜め後ろには動けないことによります。

論より証拠、というわけで金が踊る様子を下の例で見てみましょう。




この局面では、銀の頭に打たれた歩を金銀どちらの駒で取っても、金が斜め前に動くか銀が真っ直ぐに動くため、
金も銀も元にいた位置に戻れないために、最終的にどちらかが取られてしまっています。

このダンスの歩と同じ要領で、
金と銀が並んでいるときには、銀の頭にポンと単打の歩を打つことが好手になる場合があります。
(単打の歩や成り捨ての歩の手筋で取り上げていますので、ぜひ見てみてください)


[→Back]
トップページへ