▼腹銀

「腹銀」とは、
玉のお腹(横)に打つ銀のことをいいます。

銀は横には動けない駒ですから、腹銀は王手ではありません。
したがって、この腹銀というのは玉を詰める手筋ではなく、玉に必至をかけたり、玉の逃げ道を狭める役目を果たす手筋になっています。

「金なし将棋に詰め手なし」という格言があり、確かに金のほうが銀よりも詰めには向いているのですが、
手駒には銀しかない場合もありますし、ときには銀のほうが金よりも優れた働きをすることがあります。

そんな例を下の有名な腹銀の例で確認してみましょう。



この局面では、持ち駒が金では必至すらかからないことを確認してみてください。
4一にいる角が馬だったら▲3二金から▲3一馬で必至がかかりますが、銀ならば、角でも馬でも必至がかかります。

このように、腹銀はときには他の駒以上にすぐれた働きをすることがあるので、
自玉に詰めろがかからないで、ゆっくり相手を詰めればよいときなどには、
腹銀の必至で勝つのがわかりやすい勝ち方だと思います。

「長い詰めより短い必至」という格言(?)もあるぐらいですので、
ときにはカッコよく詰めるのではなく、必至をかけることも将棋上達の秘訣かもしれません。

[→Back]


トップページへ