▼ふんどしの桂

下の図のような桂馬の両取りのことを「ふんどしの桂」と呼んでいます。
「ふんどしの桂」なんて名前が良くないと思うのですが(笑)

しかも、この名前の由来は、
両取りをかけたときの駒の配置の二等辺三角形がふんどしのような形に見えるから、
というのですからそれも笑ってしまいますよね(笑)
(もっといいネーミングはなかったのでしょうかねぇ・・・)



桂馬の利きは飛車や角をもってしても動けないところに利いているために、
このような両取りがかかってしまうのです。

ですから、桂馬という駒は使い方によっては大きな戦果をあげることのできる駒であり、
意外性の強い駒であります。

桂馬の手筋というのは、控えの桂にしても継ぎ桂にしても、
この桂馬の両取りがからむことによって威力が倍増しますので、
ふんどしの桂のことを頭に入れながら将棋を指すようにしましょう。



[→Back]


トップページへ