▼歩頭の桂に好手あり

歩頭の桂というのは、なんと、歩の頭に打つ(跳ねる)桂馬のことをいいます。

「桂馬の高跳び歩のえじき」
なんていう格言もあるぐらいなのに、わざわざ歩の頭に桂馬を打つなんてばからしいと思うかもしれませんが、
もちろんただで桂馬を相手にあげるわけではありません。

歩頭に桂を打つメリットはなんといって相手に同歩と取らせることによって、今まで歩がいた位置に空間ができることです。

といっても、歩のいた位置に空いた空間ができるといわれても、初めてきく人はよくわからないと思いますので
下の例で、この歩頭の桂の威力を見てみてください。





この歩頭に打つ(跳ねる)桂の手筋は、実戦でもよく出てくるのでぜひとも覚えておきたい手筋です。

次からいくつか歩頭の桂の手筋の例を紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。


[→Back]

トップページへ