▼十字飛車





以上が十字飛車の手筋ですが、これは私の実戦で現れた局面です。
初段同士の対局でもこのようなことがあるので、覚えておいて損のない手筋だと思います。

このとおり、十字飛車が決まると駒のタダ取りになるため、
大駒の特性を生かした破壊力抜群の手筋であることがわかると思います。

もし後手が十字飛車を回避するのだったら、2手目に△7二金と するぐらいですが、
以下▲8三歩成△同銀▲8四歩△9二銀となり、ここで▲4四角と角を切ります。
後手は△同飛の一手ですが、▲8三銀と俗に 打ち込んで結局先手が有利になります。
こちらのほうも十字飛車をくらうのとそうたいして変わらないので、
結局後手は先手の8五歩に対して △3五銀とするしかありませんでした。

なお、単に飛車を打って十字飛車となる単純な場合もありますが、
この例のように、歩を絡ませて十字飛車にすると効果が大きくなります。

継ぎ歩と十字飛車の組み合わせは継ぎ歩の手筋で紹介していますので、
こちらも合わせて見ておくと十字飛車の使いどころ、威力などがよく理解できると思います。


[→Back]

トップページへ