▼不成の桂

不成の桂とは、文字通り成らない桂馬のことですが、ただ単に成らない桂馬のことではなく、
成らないことによって両取りがかかったり、駒を取りながら王手の先手になるときなど、
成らないことによって得をするときにこのような言い方をします。

このような成らないことで得をする桂馬の下の例を見てみます。




途中で▲5三桂成でも駒得にはなりますが、成らないで金をはがしてしまったほうがよいと思います。

このあと、先手からは飛車先を突き捨てて▲3一角と打ち込んだり、持ち駒の金を敵陣に打ち込んだりと
楽しみがいっぱいです。


[→Back]

トップページへ