▼成り捨ての歩

成り捨ての歩というのは、文字通り、敵陣に成ることによって敵にわざと取らせて捨てる歩のことです。

歩が成ると、金と同じ働きになるわけですから、敵としては放置するわけにはいかず、取らなければならない場合が多くあります。

そのことを利用して、
敵の駒のききを変えて、 敵陣を乱していくのが、この成り捨ての歩の手筋です。

垂れ歩と少し似ていますが、垂れ歩の場合は捨てるのではなく、と金として活用するため、意味合いが異なります。

それでは、左の指し手を見て、成り捨ての歩の威力をみてみましょう。
Point
成り捨ての歩は、わざと敵にと金を取らせることによって、敵の駒のききを変えて、 敵陣を乱すことを目的としています。
成り捨ての歩は、それだけでも敵陣を乱すことによって、多少の効果はありますが、それでは物足りません。
敵陣を乱したあとに、駒得をすることができるような手順があるときに、この成り捨ての歩は威力を最大限に発揮します。

間違っても、上の局面で
6三銀打つのような重い攻めをしてはいけません
もちろん、6三銀打つが良い手になる場合もありますが、 ここではやはり軽快に歩を成り捨てていくのがよいでしょう。


[→Back]

トップページへ