▼二枚香

二枚香とは、香車を二枚同じ筋に重ねて打つことです。二枚の香車が突き進んでいくわけですから、使いようによってはかなりのダメージを相手陣に与えることができます。そのような例を左図で見てみましょう。

図の局面は後手が4八歩成とした場面です。

先手が優勢で、当分先手玉は安全なのですが、後手玉も囲いに入っておりまだ寄りそうには見えません。しかし、ここから二枚香の手筋を使うことによってあっという間に後手玉は寄ってしまいます。具体的にどのように後手玉を寄せればよいのか考えてみてください。



Point
この局面では後手の玉頭が弱点であるかどうかを見抜けるかがポイントです。そして、その玉頭を攻める手段として香車を二枚重ねればよいことに気づくかどうかで、その後の展開が大きく変わってきます。例えば飛車を2一辺りに打って横から攻めようとしても時間がかかります。このように、香車を二枚重ねることによって、囲いに入っていた玉がいとも簡単に引きずり出されて詰んでしまいますので、二枚香の威力が十分に伝わったのではないかと思います。
実戦でこんな鋭い手が指せたらうれしい限りですね。



[→Back]

トップページへ