▼送りの手筋

送りの手筋というのは、竜(飛車)と玉の間に守備駒が一枚しかない場合に、
守備駒とは反対方向に金を打って玉を送り出す手筋のことをいいます。

玉を送り出すことによって、守備駒と玉の連携が絶たれるために
竜が守備駒をはがして玉に近づき、相手玉を寄せやすくなります。

この手筋は舟囲いを詰ますときなどによく出てくるので、振り飛車党の人はぜひとも覚えておきたい手筋です。

それでは例をみてみましょう。





この局面で送りの手筋を知らないと、▲5三銀や、▲5一銀などとしてしまいそうですが、
送りの手筋を使うことによって相手玉を簡単に詰ますことができました。

また、竜が離れているので▲4一銀は△同玉であとがありません。

この局面ではいろいろな詰まし方がありそうですが、意外にも送りの手筋を使った攻めしか相手玉は詰みません。

実戦でもよく出てくる基本手筋なのでしっかり覚えておきましょう。


[→Back]

トップページへ