▼底歩

底歩とは駒の真下に打つ歩のことをいい、特に金の下に打つ歩のことを金底の歩と言います。

この歩を打つことによって、
@駒にヒモがつく
A飛車の侵入を防ぐことができる
といった大きなメリットがあり、実戦で頻繁にでてくる手筋になっています。

それではこの底歩の例を見てみましょう。



なお、3手目で▲同歩と取ってしまうと△4八金と打たれて、
次の△3九銀が受からずに苦しくなってしまうので注意してください。


[→Back]
トップページへ