▼金はとどめに残せ

この格言は文字通り、相手玉を詰ますときは金を最後に残しなさい、という意味です。

玉を詰ますときの一番の基本は「頭金」ですので、この格言を実行できれば必ず勝率が上がります。

では、いくつかその例を見てみましょう。
左の例では、銀を最後に残すと、△3二玉と逃げられてしまいますし、
右の例でも、銀が最後では後手玉は全く詰みません。

これは一重に、金のほうが銀よりも単純に利くマスが多いからで、
銀よりも金で玉を詰めることが多いのはうなづける結果です。

でも、この格言がいつでも正しいのかというと、もちろんそうではありません。

なかには、金ではなくほかの駒を残さなければ相手玉を詰めることができないことも数多くあります。
例えば、金は斜め後ろには進めないし、桂馬の動きも真似できません。

ですから、金をとどめに残せという格言は5割程度は正しいのですが、
当てはまらない場合もたくさんあるので、あまりこの格言にとらわれすぎないようにする必要があります

金を最後にとっておいたほうが他の駒を残すよりも良い場合が少し多いから、
一応この格言があるだけです。

結局は臨機応変にする必要があって、そのように将棋を指していければ勝率がさらに上がると思います。

それでは最後に、金をとどめに残してはいけない局面を見てみましょう。



[→Back]


トップページへ