▼継ぎ歩




継ぎ歩とは、同じ筋に歩を継ぎ足していく手筋のことです。

歩を継ぎ足すメリットはいくつかあって、よく出てくるのは

@継ぎ足した歩を取ってくれれば、そこに空間ができる
(その空間に垂れ歩を打ったりする)

A歩を継ぎ足すことによって、攻め駒がよく働くようになる

などです。

言葉でいってもよくわからないと思いますので、Aの例を左の局面でみてみましょう。

Point
この局面では、継ぎ歩をすることによって十字飛車が実現しました。
これは飛車の横利きが5段目に利くようになったおかげです。

もし、何も浮き駒がない場合で、歩がもう一枚多かったら、
そのときは▲8四歩△同歩▲8五歩△同歩▲8四歩と、継ぎ歩から垂れ歩を放ち、
その後で飛車が走ればこれまた後手陣が崩壊します。
三歩持ったら継ぎ歩と垂れ歩」と言われていますので、こちらの筋も覚えておくと役に立つと思います。

[→Back]

トップページへ