▼継ぎ桂

継ぎ桂というのは、桂馬の利いているところに打った桂馬
のことをいいます。

このように桂馬を打つと、例えば打った桂馬を相手に同歩などととられても、同桂馬とこちらが跳ねることができます。

この跳ねた桂馬が王手になるなり、両取りになったりするのならば、一枚桂馬を捨ててもやる価値のあることなので、
継ぎ桂の手筋というものがあります。

それではこの継ぎ桂の手筋をみてみましょう。




初手で▲7四桂打とするのが継ぎ桂の手筋で、これによって王手飛車取りがかかっています。

しかし、いくら飛車を取れたからといっても、相手にも桂馬を二枚渡しているので、やるときには注意が必要です。
渡した桂馬で自玉が詰められてしまっては継ぎ桂をする意味がありませんので(゚ー゚;A

「二枚換えなら歩ともせよ」「終盤は駒の損得よりスピード」などの格言があるように、
いつでも継ぎ桂をすればよいというわけではありませんが、
継ぎ桂の手筋で一気に有利になれるような場合もありますので、
まずは継ぎ桂の手筋を覚え、ここぞというときに指せるようにしておきましょう。


[→Back]

トップページへ