どこにも将棋の7大タイトルの保持者の一覧表がなかったので、作ってみました。
簡素なものですが、一目でタイトル保持者がわかりますのでよかったら参考にしてください。

(下記の出所は全て日本将棋連盟HPを参考に記載したものです)


現在の将棋7大タイトル+1保持者一覧表

棋戦 タイトル保持者 2012年の最新情報 主催
名人 森内 俊之 毎日新聞社
竜王 渡辺 明 読売新聞社
棋聖 羽生 善治 産経新聞社
棋王 久保 利明 共同通信社
王将 久保 利明 佐藤九段が挑戦者に決定。1月から7番勝負開始。 スポーツ日本新聞社
王位 羽生 善治 神戸新聞社
王座 渡辺 明 日経新聞者
朝日 木村 一基 朝日新聞社

ここ最近は久保2冠、渡辺2冠が好調です。
(振り飛車党の私としては久保さんにぜひ快進撃を続けてもらいたい)




2011年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 久保王将-豊島六段 久保王将が4-2で防衛 久保王将
棋王 久保棋王-渡辺竜王 久保棋王が3-1で防衛 久保棋王
名人 羽生名人-森内九段 森内九段が4-3のフルセット奪取。羽生は2冠に後退。 森内名人
棋聖 羽生棋聖-深浦九段 2年連続同一カード。羽生棋聖が3-0のストレート勝ちで防衛 羽生棋聖
王位 広瀬王位-羽生2冠 羽生2冠が4-3で奪取し、再び3冠へ。 羽生王位
王座 羽生王座-渡辺竜王 渡辺竜王が3-0のストレート勝ちで奪取し、初の複数タイトルを獲得。
羽生王座の連覇記録は19でストップ!また、2冠へ後退。
渡辺王座
竜王 渡辺竜王-丸山九段 渡辺竜王が4-1で防衛し、8連覇を達成。 渡辺竜王


   
2010年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-久保棋王 久保棋王が4-2で奪取し、棋王と合わせて2冠に。羽生は3冠に後退。 久保王将
棋王 久保棋王-佐藤九段 2年連続同一カード。久保棋王が3-2で防衛 久保棋王
名人 羽生名人-三浦八段 羽生名人が4-0のストレートで防衛 羽生名人
棋聖 羽生棋聖-深浦王位 羽生棋聖が3-0のストレート勝ちで防衛 羽生棋聖
王位 深浦王位-広瀬六段 広瀬六段が4-2で奪取し、初タイトルを獲得。 広瀬王位
王座 羽生王座-藤井九段 羽生王座が3-0のストレートで防衛。(前人未踏の19連覇) 羽生王座
竜王 渡辺竜王-羽生名人 渡辺竜王が4-2で防衛。(7連覇) 渡辺竜王


   
2009年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-深浦王位 羽生王将が4-3で防衛 羽生王将
棋王 佐藤棋王-久保八段 久保八段が3-2で奪取し、初タイトルを獲得! 久保棋王
名人 羽生名人-郷田九段 羽生名人が4-3で辛くも防衛  羽生名人
棋聖 羽生棋聖-木村八段 羽生棋聖が3-2のフルセットで防衛 羽生棋聖
王位 深浦王位-木村八段 深浦王位が4-3で防衛。(2連覇) 深浦王位
王座 羽生王座-山崎七段 羽生王座が3-0のストレートで防衛 羽生王座
竜王 渡辺竜王-森内九段 渡辺竜王が4-0のストレートで防衛。(6連覇) 渡辺竜王


 
  2008年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-久保八段 羽生王将が4-1で防衛 羽生王将
棋王 佐藤棋王-羽生2冠 佐藤棋王が3-2で防衛  佐藤棋王
名人 森内名人-羽生2冠 羽生2冠が4-2で奪取し、3冠へ。通算5期の名人獲得で永世名人の資格を手に。 羽生名人
棋聖 佐藤棋聖-羽生3冠 羽生3冠が3-2のフルセットで久々の棋聖奪取。佐藤棋聖の連覇は6でストップ。 羽生棋聖
王位 深浦王位-羽生4冠 2年連続同一カード。深浦王位が4-3で防衛 深浦王位
王座 羽生王座-木村八段 羽生王座が3-0のストレートで防衛 羽生王座
竜王 渡辺竜王-羽生4冠 渡辺竜王が3連敗からの4連勝で防衛
5連覇を達成し、まだ誰も獲得していない永世竜王の資格を手に。
7番勝負における3連敗からの4連勝は前代未聞で、記録づくめの勝利となった。
渡辺竜王


   
2007年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-佐藤棋聖 羽生王将が4-3で防衛。2年連続同一カードかつフルセットの激闘。 羽生王将
棋王 森内棋王-佐藤棋聖 佐藤棋聖が3-2で奪取し、棋聖と合わせて2冠に。 佐藤棋王
名人 森内名人-郷田九段 森内名人が4-3で防衛。通算5期の名人獲得で永世名人の資格を手に。 森内名人
棋聖 佐藤棋聖-渡辺竜王 佐藤棋聖が3-1ちで防衛 佐藤棋聖
王位 羽生王位-深浦八段 深浦八段が4-3の激戦の末奪取。羽生は2冠へ後退。 深浦王位
王座 羽生王座-久保八段 羽生王座が3-0のストレートで防衛 羽生王座
竜王 渡辺竜王-佐藤2冠 昨年と同一カード。渡辺竜王が4-2で防衛。(4連覇) 渡辺竜王


   
2006年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-佐藤棋聖 羽生王将が4-3で防衛 羽生王将
棋王 羽生棋王-森内名人 森内名人が3-1で奪取し、2冠に。羽生は3冠へ後退。 森内棋王
名人 森内名人-谷川九段 森内名人が4-2で防衛 森内名人
棋聖 佐藤棋聖-鈴木八段 佐藤棋聖が3-0のストレート勝ちで防衛 佐藤棋聖
王位 羽生王位-佐藤棋聖 2年連続同一カード。またしても羽生王位が4-2で防衛 羽生王位
王座 羽生王座-佐藤棋聖 2年連続同一カートで羽生王座が3-0のストレートで防衛 羽生王座
竜王 渡辺竜王-佐藤棋聖 渡辺竜王が4-3で防衛し、3連覇。 渡辺竜王


   
2005年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 森内王将-羽生2冠 2年連続同一カード。羽生2冠が4-0で奪取し、昨年の雪辱を果たす。 羽生王将
棋王 谷川棋王-羽生3冠 羽生4冠が3-0のストレート勝ちで奪取し、4冠に。(2、3月) 羽生棋王
名人 森内名人-羽生4冠 2年連続同一カード。森内名人が4-3で防衛 森内名人
棋聖 佐藤棋聖-羽生4冠 佐藤棋聖が3-2で防衛 佐藤棋聖
王位 羽生王位-佐藤棋聖 羽生王位が4-3で辛くも防衛 羽生王位
王座 羽生王座-佐藤棋聖 羽生王座が3-0のストレートで防衛 羽生王座
竜王 渡辺竜王-木村七段 渡辺竜王が4-0のストレート勝ちで防衛し、2連覇。 渡辺竜王

 

  2004年のタイトル戦の結果

棋戦 対局者 内容  タイトル保持者
王将 羽生王将-森内竜王 森内竜王が4-2で奪取し、竜王と合わせて2冠に。(1〜3月) 森内王将
棋王 丸山棋王-谷川王位 谷川王位が3-1で奪取し、王位と合わせて2冠に。(2、3月) 谷川棋王
名人 羽生名人-森内2冠 森内2冠が4-2で奪取し、3冠へ。羽生は王座のみの1冠に後退。(4〜6月) 森内名人
棋聖 佐藤棋聖-森内竜王 佐藤棋聖が3-0のストレート勝ちで防衛。(6、7月) 佐藤棋聖
王位 谷川王位-羽生王座 羽生王座が4-1で奪取し、再び2冠へ。(7〜9月) 羽生王位
王座 羽生王座-森内2冠 羽生王座が3-1で防衛。(9〜10月) 羽生王座
竜王 森内竜王-渡辺六段 渡辺六段が4-3で初のタイトルを獲得。(10〜12月) 渡辺竜王


トップページへ